早稲田文化館

〒111-0052

東京都台東区柳橋

2-18-9 

早稲田文化館

 

JR総武線・地下鉄浅草橋駅 徒歩5分

 

お問い合わせ

TEL 03-3863-4111

FAX 03-3863-4112

 

E-mail

language★waseda-bk.org

(★を@に変更してください。)

営業3日以内に返信いたします。

お気軽にお問い合わせください。

アジアチャレンジの韓国語講師をご紹介します。

金 美子(キム ミジャ)先生
崇儀女子大学卒業

Ontario College of Art & Design(カナダ)卒業

 

当校の韓国語講師他、プライベートレッスン経験も多数。

様々な語学教育の経験を活かした、丁寧で身につきやすい練習法が評判。

 

<金美子先生インタビュー>

 

Q レッスン経験・得意なレッスンを教えてください。

 

A 発音クリニック、リスニング強化、会話・文法試験対策、さまざまなレッスン経験があります。

 

Q 英語や日本語の習得・学習方法を教えてください。

 

A どんな言語でも、授業の予習は大切です。

・音楽やラジオ(ニュース・音楽番組)を聞くこと

・テレビやラジオの語学講座を活用する

・好きな音楽の歌詞の暗記、好きなドラマや映画を繰り返し見ること

・ネイティブの友達をつくって、話をする

・メール・手紙などで実際に文を書くこと

・検定試験などの目標を作って勉強すること

・留学をする

・仕事や旅行で実際に使うこと

 

Q 韓国語上達の秘訣をおしえてください。

A たくさんあります。

・まちがいをおそれず、コミュニケーションをとること。

・単語をはじめ簡単なフレーズを覚える際など、読むときはとにかく音読すること。

・好きなドラマや映画のシャドーイング練習(追いかけながら、発音すること)、とにかく真似をしてみる。

・自分の声を録音し間違いや弱点を意識すること

・練習問題も耳から練習すること

・単語帳をつくること

・好きな歌を歌えるまで暗記すること

・漠然と勉強せず、試験などの目標を持つこと

 

美子先生からのメッセージ

「新しい外国語に挑戦するのはワクワクドキドキする反面、不安もあるものですが、毎日こつこつ少しずつ練習を重ねれば必ず上達しますよ! 私が楽しくお手伝いします!!」

李ニコル先生

韓国西江大学社会教育学部卒業

 

韓国語と英語がネイティブで、第二言語が日本語の先生で、語学の才能豊かな先生です。

 

<ニコル先生インタビュー>

 

Q ニコル先生の教授(レッスン)年数を教えてください。

 

A 10年以上の経験があります。おもに企業研修、プライベートレッスンを担当してきました。

 

 

Q ニコル先生の外国語習得方法を教えてください。

 

A 毎日毎日コツコツと勉強しました。同じリスニングCDを何百回と聞いたり、同じ本を何十回と音読したりしました。

 

使える表現や大事な文法、新しい語彙など、たくさん覚えました。

 

なるべく覚えた言葉を日常生活で使おうと意識したところがよかったかなと思っています。

 

 

Q 韓国語がうまくなるために、どんなことを心がければよいのでしょうか。

 

A 間違いをおそれず、どんどん話すこと、外国語を習得することは試行錯誤の積み重ねです。間違いをおそれていては、何もはじまりませんね。

 

日本語から韓国語に訳そうとせず、自分が使える単語やフレーズで言いたいことに近づけていく努力をすれば、どんどん話せるようになりますよ!

 

イ ジヨン先生

お茶の水女子大学大学院博士後期課程在籍

 

<ジヨン先生インタビュー>

 

Q レッスン経験・得意なレッスンを教えて下さい!

 

A 6~7年しています。初中級クラスやプライベートレッスンをうけもっています。また法人向け(企業などへ出向)も行います。

レッスン内容は日常会話から韓国検定対策や留学準備など、内容は学習者のレベルや目的に合わせて行います。

 

 

Q ジヨン先生の外国語習得方法を教えてください。

 

A 大学時代は、私が日本文学に熱中したときでしたが、特に村上春樹の韓国語翻訳本をほぼ全部読みました。言葉が出来るともっと日本文学と触れ合うことができるかと思って。

そのことが自分が日本語に関心を持つ一つのきっかけになったような気がします。

 さて、私がどうやって日本語を学習してきたのかを紹介してみようかと思います!

本当は大学院受講準備中にゼミの先生から教えて頂いた方法ですが、その方法は次のようなものです。

①多く音読すること

②毎日勉強を一時間あてること

③常に興味ある対象について作文を書くこと

→これを先生に訂正して頂き、毎日直されたものを暗記する

 

 

Q 韓国語がうまくなるために、どんなことを心がければよいのでしょうか。

 

A 韓国語上達の秘訣は、とにかくひたすら書くことだと思います。それは書くことによってハングルのみならず文法とかも理解出来るようになるからです。一番いい方法は韓国語のテキストを全部ノートに丸写すことですが、テキストを写すのが嫌な方は、好きな歌の歌詞を書き写してみるのもお勧めです!後は一言日記でも三行日記でも短くてもいいのでハングルを使って日記をつけるのも良いです!特に書くことがないなら、その日したこと、食べたものを箇条書きで書くだけでも単語を少しずつ覚えられるし韓国語で考える力を身に付ける事が可能になるでしょう!

金 英姫(キム ヨンヒ)先生
早稲田大学社会学部卒業。
現在、埼玉県国際交流協会の委員として、韓国の言語や文化を教えながら、当校でも韓国語講師として活躍中。


講師からのメッセージ
「アンニョンハセヨ!仕事、旅行、友達作りなど、皆さんの目的は様々だと思いますが、一緒に楽しく韓国語を勉強しませんか!!」

金 昭希(キム ソヒ)先生
韓国景園大学幼児教育科卒業。

現在、翻訳などの仕事をしながら韓国語講師としても活躍中。わかりやすく工夫された授業が好評。

講師からのメッセージ
「語学を勉強するには興味を持つことが第一です。好きだからこそ長く続けられます。‘難しい内容も易しく楽しい授業に’が私のモットーです。知らないうちに上達した自分がはっきり分かりますよ!一緒に学ぶ喜びを感じてみませんか!」